日別アーカイブ: 2012年2月21日

生き残るオトコ

ということで火曜のあさ
am5時/函館の気温-2.3℃、西北西の風5.9m湿度65%、積雪63cm。
     /美深の気温-8.1℃、西の風5.3、積雪141cm。

夜中から強く吹く風が、工房のトタン屋根をがたがた鳴らしている。
この辺りでは、西風は荒れると云われている。

ゆうべ見た「プロフェッショナル仕事の流儀」では梅原さんというデザイナーが紹介されていた。「慣れ親しんだ日本の一次産業の風景を残したい」というこだわりがある。
食えれば、デザイナーはみんなこんなスタンスで仕事したいと思っているんじゃないかな。

▼きょうの気になるニュースは
「曲がり角」にきたイチロー 「振り子打法」捨てて「生き残り」~J-CASTニュース~
オトコ38歳、頭を使って生き残れ。

光市母子殺害 元少年の死刑確定へ~NHK~
~・・・4人の裁判官のうち1人が反対意見を述べている。死刑事件で裁判官の反対意見が出るのは極めて異例。この裁判官は、「大月被告の精神的成熟度が18歳を相当下回っていれば死刑を回避する理由になる」と述べている。~
「精神的成熟度が18歳を下回っていれば・・・」とは、よく分からない。しかし、裁判はムラ社会を壊さぬようにとりなすことが大事とすれば、今回の事件は庶民感覚で「ノー」なのだからしょうがない。これで最高刑にならなければ、女性は「コワくてこんな社会では生きられない」と思うのではないか。あるいは、黒ずくめで覆われた衣装で肌をさらさぬように、ひっそりと生きるか・・
~・・死刑を存置すべきだとか、廃止すべきだとか、いろいろな考えが出ると思うが、私たちの身近で起きる事件・犯罪に対してどうすべきかということを考える契機になれば、私の妻・娘の命も、今回死刑が科されるであろう被告人の命も、無駄にならないと思っている」~
裁判が結審するまでの長い時間が、遺族に、悲しみからくる私憤を大義にまで昇華させてくれたようで、よかったか・・。

【きょうは】漱石の日/1911(明治44)年のこの日、文部省が作家・夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は「自分には肩書きは必要ない」として辞退した。~今日は何の日web~
名を成した漱石は、肩書きなんか無くとも生きていけるということだろう・・。肩書きとは生き残るために欲するもの、ともいえそうです。

1986年、泉重千代 (世界最高齡者[元])の命日。~今日は何の日web~ここまで生き残れれば、大したオトコ!

ブログ村/函館情報ランキング25位/北海道情報ランキング73位
〓しまブログ@えぞ共和国(^ω^)五稜郭/北海道は蝦夷ヶ島〓きょうもハリキッて
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

チーズのご用命は「きた牛舎」http://www.kitagyusya.com/
ブログ「ちーず新聞」http://kitagyusya.wordpress.com/

広告