日別アーカイブ: 2009年12月28日

アイスランドとアイルランドを勘違いしたアイランド君

ということで月曜の夕方
 
日中、ツシマさんの元気な顔をみて、
暮れだと浮かれず、マメに働くことに素晴らしさがあるとココロの中でホメまくり。
 
積雪が10cmまで減っていたが
久々に雪がちらつき始めた。
 
▼きょうの気になるニュースは
有馬10着バルク、アイルランド移籍! ~サンスポ.com~
 ~同馬を所有するビッグレッドファームの岡田繁幸代表は、
 「国内ではGIしか使えず、出走しても邪魔者  扱いされてしまうし、ダートは適性がありません。今まで
 頑張ってくれたご褒美の意味も含めて、バルクの個性に合ったレースを走らせてみたいと考えています」~
地方競馬では芝のレースは皆無。
地方馬が中央競馬で走れるのは招待枠のあるG1くらいだったからね。

僕も、毎回応援馬券を買うことがつらくなっていた・・・
ところで、アイルランドは
~平均気温は、もっとも寒い1月と2月で4~7℃程度、もっとも暖かい7月と8月では14~17℃程度である。
最低気温が-10℃より下がることや、最高気温が30℃を超えることはほとんどない~
暑さに弱い馬には、天国だよ。北海道よりずっと暮らしやすいよ。

 

きのうの『サンデーモーニング』で話題になったのはアイスランド!
アイスランドは、金融破たんをきたして、いま新たな社会の枠組みを求めているそうだ。
生産されたモノの交換媒体として産まれたコトである貨幣。
だから、貨幣それ自体を商品として扱うことの危うさを憂いていた。

「むかし貨幣が必要だったのは、子どものためと老後のためにだった」
と、その国の破綻した銀行の元CEOが語った。
その言葉が真実ならば、国が、子どもを育む仕組みと老後に安心できる仕組みを創りあげれば
デフレもインフレも、年越し派遣村さえ恐れるに足らないものだろうと思った。

 

ところで、アイスランドも
~2月の最低気温の平均が氷点下3度ほどである。
北海道は沿岸部を除くほぼ全域で最寒月の平均気温が氷点下8度以下となる。~
函館でも2月は氷点下6.5度、アイスランドも天国だぁ。
http://local.blogmura.com/hokkaido/北海道40位http://localeast.blogmura.com/hakodate/函館11位
〓 しまの「アイランド」
ブログ@えぞ共和国(^ω^)五稜郭/蝦夷島で とことん北海道〓 よるもガンバロー 

明治男子の気概

ということで月曜の朝
am5:00/函館2.3℃東の風3m湿度64%
 
きょうは28日、官公庁御用納め。
1873(明治6)年から、官公庁は12月29日から1月3日までを休暇とすることが法律で定められた
 ~D-web Portal.~ことによるらしい。
 
外はプラスの気温なのだが、
当方は、おとといから風邪気味ですでに休暇に入っているような気だるさ。
 
一方、友人の伝書がらすさんはきのうも働いていたそうで
有馬記念を「お客さんが見ているのをチラ見」しながら、
縁のあるステイゴールドの子のドリームジャーニーの優勝を喜んだそうです。
 
▼けさの気になるニュースは
◎「陛下は京都に住まわれては」 皇居昼食会で亀井氏提言~北海道新聞~
 ~これに対し、陛下は「京都は好きです」とだけ述べたという。~

天皇陛下が公務しやすい場所を選ぶならば、そのようにしてあげたい。
 
ところで「坂の上の雲」をゆうべも観て、いい気分にひたっていた。
この画面にあふれる清々しさは、いったいどこから来るんだろうと思いながら・・
 

ウィキペディアに書かれた解説をみると
昭和43年~47年に連載された新聞小説だが、司馬遼太郎はノンフィクションとして書いたそうだ。
「自己と国家を同一視し、自ら国家の一分野を担う気概を持って各々の学問や
専門的事象に取り組む明治期特有の人間像」が描かれているそうで
そんな明治に憧れているんだなぁと、自分で納得。
 
続きが来年の12月とは、すごく待ち遠しい。

 
【きょうは】身体検査の日/1888(明治21)年、文部省(現在の文部科学省)がすべての学校に生徒の身体
検査の実施を訓令した。 ~D-web Portal.~
「坂の上の雲」と同じ時代背景だが、これも列強に対抗する富国強兵策の一環かな?
http://local.blogmura.com/hokkaido/北海道41位http://localeast.blogmura.com/hakodate/函館12位
 〓 しまブログ@えぞ共和国(^ω^)五稜郭 / 蝦夷島で とことん北海道 〓 きょうもハリキッテいこー