津軽の海は鉛色

ということで木曜の夜
そろそろ寝なきゃぁ、なのだが
地味な一日をなかなか終わらせてくれない自分がいる。
 
きょう午前中、ロボット絵画コンクールのポスターデザインをもらいに未来大へ。
はこだて未来大から函館山を望む
 
函館市内北部、亀田中野の高台から見た函館湾は、
右手に北斗市の山々とその奥に江差山道が続いている。
 
その左手前方が、知内の矢越海岸から松前街道に目線が通っていく。
右にポコンと突き出た山はたぶん。当別の丸山。電柱の奥が矢越岬
真ん中で津軽海峡に突き出た函館山。
 
その左手、立待岬の奥の方につながる陰は津軽半島、
それから水平線を左にたどっていくと下北半島になる。
 
その間が陸奥湾か・・
右が函館山、左の大地は下北半島
函館山の左側の山すそを拡大していくと、ボンヤリと津軽半島が見えませんか?
海峡の色は、昼だというのににぶく重かった
http://local.blogmura.com/hokkaido/かわら版~北海道ブログ村へ
http://localeast.blogmura.com/hakodate/かわら版~はこだてブログ村へ
12/3は午後7時からシモダ事務所で
星 冬フェス「ママさんサッカー」のミーティングだ。
〓しまブログ@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭/蝦夷島〓  きょうもハリキッテいこー
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中