日別アーカイブ: 2008年10月30日

マネーゲームって銀行員の仕事なの?

ということで木曜の朝 +3.6℃(am5:00函館)」北北東の風2m湿度86% 星がみえたので晴れ
最近、一番の話題は「世界同時株安」なのだが、安いということは困る人がいる反面、喜ぶ人もいるのではないかと思うが、マスコミの騒ぎ立て方は、経済恐慌で「世界が破滅への道」をたどっているかのようだ。
そもそも、「世界経済」とは何のことだろうか?一般人の暮らしと?
銀行や証券会社が、最も資金を求めている日本国内の中小企業に金を入れずに(大企業は銀行から借りない。自前で用意できるから)、海外の金融商品、株や債権を買うマネーゲームに金を注ぎこみ、このたび、見事に兆円単位の損失を出している。
マネーゲームだから、儲けるときもあれば損するときもある。
 
ところが、またぞろ、その穴埋めに公的資金の注入なんてやられそうな気配。
その公的資金っていう国の金は、結局、数年先に全国民が背負うことになる、国民からの前借金のことじゃないのか。
 
さて、彼らは、マネーゲームで儲けたときに僕らに配当をくれたかだろうか?
 
こんな状況を見ると、いったい銀行の使命って何なのか、本当の仕事って何なのか?
 
【きょうは】
1938年(昭和13)オーソン・ウエルズのラジオ・ドラマ「火星人の襲来」(原作H・G・ウエルズ)が各地でパニックを起こす。ドラマの中の臨時ニュースを現実とカン違いしたため。
(今日はなんの日 新編函館郷土暦物語/昭和38年・元木省吾編/幻洋社発行より)
 
最近のマスコミの増長ぶりは眼に余るほどで、取材対象者への感謝の気持ちをもたない、目上の人やそれなりの権威に対する礼儀作法をわきまえない。
先日の「麻生首相、ホテルのバーが安い!?」バッシングに、そんなことを感じていた。
麻生首相のべらんめぇ口調よりも、取材側の貧乏くさい下世話な視線こそ品がない。
http://local.blogmura.com/hokkaido/ブログ村 北海道情報へ
http://localeast.blogmura.com/hakodate/ブログ村函館情報へ

株価暴落から通貨危機に関しては、案外、韓国メディアの方が冷静で「今回の危機が終われば、各国の経済ランキングが変わるはず」というイミョンバク大統領のコメントを報じている。

日本政府は、虚業のマネーゲーム屋さんのことはさておいて、きちんとモノづくりをしている会社が黒字倒産しないような支援策を講じるべきと思う。この期に及んで、1999年の地域振興券のような、バラまきの金を国民に配るようなインフレ狙いの施策は、あとで国民の首を絞めるだけだと思うけど、どうでしょう?

〓島@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭/蝦夷〓  きょうもハリキッテいこー

広告