日別アーカイブ: 2008年10月18日

次は「朝まで生会議」です!

ということで土曜の夜
いま 星国民会議から戻りました。
10月のえぞ共和国国民会議は、冬フェスティバルを議題に、午後7時から五稜郭町会館で。
出席は吉田、斉藤奈、蒔田、田中健、綱森、森、下田、下山、島英の9名。
ちょっと少ない。
話した内容は後で・・。
次回は11/8(土)午後6時から綱森商店となりの貸し店舗2階で、冬フェスをテーマに「朝まで生会議」を開催することに決定!
国民は、みんな、飲み物・食べ物を持参して、必ず参加するように!!
会議終了風景・・会議が終った時間は9時。時間どおり、素晴らしい、パチパチパチ。
会議に来てから、ずっと室外で電話していた下田副総裁も会議に出たことになるのかどうか・・、疑問だ。
ブログ村 函館情報 <a href="http://localeast.blogmura.com/hakodate/">
 
北海道日本ハムファイターズ、埼玉西武ライオンズに勝って1勝2敗に。
さすがダルビッシュ、もう一度エースに投げさせるチャンスを与えられるか・・。
阪神タイガースは、中日ドラゴンズに先勝を許してしまった。
〓島@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭〓  明日もよろしく
広告

芝居をどう楽しむか

ということで土曜の午後
ダルビッシュ、球キレてる。いけるぞ
 
午前中、近所の中の沢小学校で学芸会があった。
いまの学校は体育館が狭く、芸を披露する学年ごとに観客が入れ替わるような仕組みにしている。
ので、最後、6年生が披露する番になると、観客数はずいぶん減っている。
当然ですが、カメラもビデオも持ち込み禁止ではない。「世界一長い長い長~い名前の村の・・」というお話。はじまり、はじまり迫真の?演技。この子らの中から演劇の世界に進むものが出るのでしょうか。カーテンコール、ってわけじゃないけど、みんなで感謝の気持ちをお客さんに伝えたわけで・・。
劇がもっと上手ければ、いやもっと観客も楽しめる芸ならば、観に来るお客さんも増えるはずだ。
結局、日本一名前の長~い村の芝居のどこがクライマックスなのか、どこに自分の縁者がいるのか分からぬ内に閉幕となっていた。
残念ながら、観る側にも集中力が欠けている。
 
外出したおかげで、近所にステキな花を見つけた。
ブログ村 函館情報 <a href="http://localeast.blogmura.com/hakodate/">
旧道沿いのお宅の庭にステキな花が咲いていた。名前は知らない
 
夜はえぞ共和国の国民会議です。
〓島@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭〓  午後もハリキッテいこー

戸別訪問の4億円は誰が払うの?

ということで土曜の朝 +11.6℃(am5:00函館) 北北西の風2m湿度93% くもり小雨
2.3日前、テレビで、
背広の社会保険庁職員が二人連れでスタートする姿を見た。
厚生労働省の年金改ざん問題で、被害を受けている人を救済するために2万人を戸別訪問するらしい。
 
日本全国で2万人だと、ここ函館市桔梗地区で2人の戸別訪問該当者がいる割合になる。
その2人とアポを取ってお宅を訪問して、内容説明して確認を請うとなると、半日仕事かな。
とすると1日に4件の確認ができる。
2万人分では5000日の延べ日数が掛かることになる。
 
ところで、テレビでは社保庁職員の給料を伝えてはいないが、2007年度の民間企業の平均給与額は男性が542万円なのでこれを270日/年間労働日数として割ると約2万円の日当になる。
≒5000日×2人工×20,000円=200,000,000円、2億円。
この人件費を働かせるために掛かる経費は、交通費、通信費、書類関係費、総務関係諸費などほぼ人件費と同額が掛かるのではないだろうか。
とすると、人件費2億円+経費2億円で合計4億円のコストが掛かる計算になる。
社保庁の職員給料が平均より低いとは思われないし(年金等で後年に手厚く反映されていく)、有給休暇を取れば労働日数は少なくなるので、計算の基礎になる社保庁職員一人当たりの日当はもっと高くなるだろう。
とても、4億円では済まないかも・・。
 
さて、年金でいわれなき不利を受ける人を救済することは必要だが、そのコストについて役人自身が考えるのだろうか?
財源はどこにあるのだろうか?
 
「そんなことは知らない。きっと税金から来るんじゃないか・・」的な、金を稼ぐことに苦労したことが無い役人や学者の思いつきで、火の車と想像されている国家財政から貴重な税金を投入して欲しくない。
できれば、ミスした役人たちの無償行為で後始末して欲しいと思う、それが一般の人の思いじゃないのかなぁ。
いったん手放した信頼の絆を回復することは、とても難しい。
 
【きょうは】
1958年(昭和33)宇賀浦町に、啄木記念像の除幕式を行う。本郷新作。ブロンズ等身1.5倍の座像で、詩集を片手に「砂を考える」ポーズである。御影の一本石、高さ4.5尺(1m36cm)、横4尺(1m20cm)、前3.3尺(1m)、「潮かをる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇よ今年も咲けるや」を刻む。建設費150万円。
(今日はなんの日 新編函館郷土暦物語/昭和38年・元木省吾編/幻洋社発行より)
根崎の海岸沿いに植えられた白いハマナス(2004年7月)2005年頃の撮影。この像も出来て50年経つのですね。
ブログ村 函館情報 <a href="http://localeast.blogmura.com/hakodate/">ブログ村 函館情報</a>
〓島@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭〓  きょうもハリキッテいこー