ネーミングの効用

ということで土曜の朝 +2.2℃(am5:00函館)
国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が聖火リレーが行われる日本に入国した。チベット人を弾圧する中国政府に抗議するものという。意義は良いのだが、果たして”国境なき”というのは、医者団の場合では、誰でも分け隔てなく治療し人命を救う崇高な理念を持つ集団と想像できるが、このジャーナリスト集団はどうなのだろう。1987年に成立、本部パリということだが・・。マスコミに関わるものの集団であることへの恐れが、彼にそれなりの意見を言う立場を与えているようだ。ネーミングは誠に重要だ。 ~ 国境なき印刷営業マン集団って!?効~くぅ、かな。
〓島@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭〓  きょうもハリキッテいこー
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中