日別アーカイブ: 2008年3月9日

「開拓」という言葉

ということで日曜の朝 +4.8℃(am5:00函館)この温(ぬく)さはもう春です
【きょうは】
1868年(明治元)明治天皇から三職(総裁、議定、参与)に、北辺開拓の御下問あり。衆議ことごとくその可を陳情した。本道の開拓は、ここからはじまる。(道史③八)
(今日はなんの日 新編函館郷土暦物語/元木省吾編/幻洋社発行より)
まさに、函館に移り住む前までの僕は、この明治元年こそ北海道の起こりと思っていた。
ところが・・・
函館には高田屋嘉兵衛以来の商都の歩みがあり、江差には江戸時代以来の商都の流れがあり、松前には中世・近世の松前藩の歴史があり、上ノ国には中世からの渡り島の歴史があった。また、その中世においては、すでにこの厳しくも美しい亜寒帯の大地での暮らし方を極めたアイヌ民族の歴史があった。
いま榎本守恵の『北海道の歴史』(昭和56年、北海道新聞社発行)を読んでいる。
〓島@えぞ共和国(^ω^)函館五稜郭〓  きょうもハリキッテいこー
広告